togusaの日プラ

旅ネタを中心にお得情報などを幅広くお伝えしていきます!

地方民はANAマイルよりUAマイルを貯めるべき理由【マイレージプラス】

みなさん、クレジットカードは何を使っていますか?

MileagePlusセゾンカード

私はこのカードをメインで使っています。

f:id:tabi-togu:20190313194419p:plain

 

マイレージプラスってなに?

恐らく、マイラーでないと聞いたことがない単語だと思います。これはアメリカの航空会社「ユナイテッド航空」のマイレージプログラムのことを指します。

 

全日空ANA)=ANAマイレージクラブ

ユナイテッド航空UA)=マイレージプラス

という関係になります。

 

アメリカの航空会社ではありますが、ANAと同じ「スターアライアンス」というグループに属しており、貯めたマイルでこのスターアライアンス加盟の飛行機に乗ることができるんです!

 

ANAマイルよりUAマイルを勧める理由

どうせ同じスターアライアンスの飛行機に乗るならANAマイルを貯めればよくない?と思うかもしれませんが、実は日本国内便の場合、ANAマイルで発券するよりユナイテッド航空マイレージプラスで発券した方が断然お得なんです。

 

まずは予約に必要なマイル数ですが、

①距離600マイル以下の場合(東京⇒、名古屋、大阪など)

ANAマイル・・・6,000マイル(レギュラーシーズン)

UAマイル・・・5,000マイル(全日程)

 

②距離601~800マイル未満(東京⇒福岡、札幌など)

ANAマイル・・・7,500マイル(レギュラーシーズン)

UAマイル・・・5,000マイル(全日程)

 

③801マイル以上(東京⇒那覇

ANAマイル・・・9,000マイル(レギュラーシーズン)

UAマイル・・・8,000マイル(全日程)

 

これだけ見ても基本的にUAマイルのほうが少ないマイル数で予約できるのでお得ということがわかります。

 

地方在住者は貯めるならUAマイル一択!

私のように地方に住んでいる方は、絶対にUAマイルのほうがお勧めです。

なぜかと言うと、上記の例はあくまでも直行便の話。

ANAマイルは目的地まで乗り継ぎが必要な場合、2つの区間の予約が必要になりますが、UAマイルを使った場合1区間として扱われるため、予約が一つで済むんです!

 

例)小松⇒東京(乗継)⇒那覇に必要なマイル数

ANAマイル・・・6,000+9,000=15,000マイル

UAマイル・・・8,000マイル

これ、すごくないですか?

 

地方空港って基本的に東京、大阪、札幌、福岡のいずれかにしか就航していない場合が多いですよね。この大都市以外に行きたいと思った際は一度、大都市を経由するしかありません。ANAマイルは残念なことにそこで一つの予約が必要、さらに那覇に向かう便の予約も必要。と、2つの航空券が必要になります。

ですが!ユナイテッド航空マイレージプラスなら、地方⇒沖縄が一つの予約で発券できるんです。最高ですね。

 

UAマイルはどうやって貯めるの?

方法は主に2つあります。

①飛行機に乗る

②クレジットカードの利用で貯める

 

まず、①「飛行機に乗って貯める」というのは何となく想像できると思いますが、ユナイテッド航空はもちろん、ANAを含むスターアライアンスに搭乗した際もユナイテッド航空のマイルをためることができます。

 

そして、②「クレジットカードの利用で貯める」という方法もあります。たかが、1%やそこら貯めてもたかが知れてるだろうと思うなかれ。

冒頭で私は【マイレージプラスセゾンカード】を使っていると申しましたが、実はこのカード年会費1,500円+マイルアップ会員費5,000円(税抜き)で還元率が1.5%になるんです。

コンビニはもちろん、現在は大抵のお店でクレジットカードを利用することができますし、電気やガスといった公共料金もクレジットカードで支払うことが来ますので、毎月最低でも10万円(120万円/年)はこのカードで決済することができます。

ここに、保険や車検、家電購入、旅行などで合計して200万円/年を決済したとしましょう。

200万円×1.5%=30,000マイル

札幌~沖縄の往復でも8,000マイル×2=16,000マイル(往復)ですので、もう少し支払いがあれば、年会費約7000円で毎年沖縄までのペア航空券を手に入れることができます!

 

UAマイルは有効期限が無期限?!

マイルで予約した航空券は「特典航空券」と呼ばれます。実はこの特典航空券、各便で発券できる座席数が決まっており、具体的には分かりませんがかなり少ないので、GWや年末は予約できないという事態が発生します。

ANAマイルの場合、せっかく貯めたマイルも使えずに3年の有効期限を迎えてそのまま失効(もしくは楽天ポイント等に1マイル=1Pで変換)という残念な結果になります。

 

しかし!UAマイルならそんな心配いりません!UAマイルの有効期限は18か月となっていますが、マイル数の増減があると手持ちのマイル全ての有効期限は18か月先になります。つまり、毎月クレジットカードの決済でマイルを獲得し続けると実質無期限でマイルが貯まっていきます!

ですので、「今年は忙しくて旅行に行けないな」という3年続いても大丈夫!逆にたくさんたまったマイルでビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行くという手もあります。

 

家族以外の予約にも使える

ANAマイルを使っての特典航空券は身内(二等親)まで予約できます。これだと頑張って貯めたマイルも彼女との旅行には使えません。

でも大丈夫。UAマイルは全ての人が対象です。結婚していなくても、彼女との旅行に特典航空券が使えるんです!これ、独身にとってはすごく嬉しいんです。私もまだ独身ですが、これのおかげで何度も沖縄旅行に行きました。

必要なのはレンタカーとホテルの予約だけ。かなりお得に旅行に行けますよ!(特に地方発は安いツアーがないので)

 

デメリットはないの?

3点ほどありますが、さほど大きい問題ではありません。

マイレージプログラムが改悪されるかもしれない

②ポイントサイトでUAマイルを貯めることができない

③1.5%還元は300万円/年の決済まで

 

まず、①に関してはどのマイルを貯めるにしてもつきまとう問題ですね。必要マイル数がアップするかもしれないし、ANAマイルと同じように乗継便も別の予約が必要になるかもしれません。ただ、現状が優れているので、改悪されたときに考えるしかありません。逆に改善される可能性だってありますから。

 

次に②に関して。ご存知の方も多いと思いますが、クレジットカード発行等をするとANAに変換できる各社ポイントがもらえる「ポイントサイト」というものがあります。これを利用して大量のANAマイルを貯めたというブログは数多く存在しますが、残念ながらUAマイルはそういったポイントサイトから変換しにくいプログラムなので、地道にクレジットカード決済を繰り返して貯めましょう。

ポイントサイトではANAマイルを、クレジットカード決済ではUAマイルを。という二刀流で行けばいいんです!

 

最後に③について。先述した「マイレージプラスセゾンカード」で1.5%還元の対象になるのは年間300万円の決済までです。それ以上は残念なことに0.5%になってしまいます。しかし、これも対処法があります。年会費は高くなってしまいますが、ゴールドカードが用意されていますので、そちらに切り替えれば年間700万円まで1.5%という一般人には十分な額まで対応してくれます。

 

まとめ

UAマイル(マイレージプラス)のここがすごい!

  • 日本国内便(ANA)を少ないマイル数で予約できる
  • 地方発⇒大都市乗換⇒目的地が1区間として扱われる
  • 有効期限が実質無期限
  • クレジットカードのマイル還元率が1.5%
  • 家族以外の予約にも使える

何度も言いますが、地方に住んでいる方には特にお得なマイレージプログラムです。

 

ここまで長々と書いてしまいましたが、実はまだ他にもUAマイルの活用法はたくさんあります。それについては追々書いていこうと思います。

 

それでは、また。